DSC_2911000
地域連携カリキュラム

本当に自分に合う色を探そう

9月19日(土)、いわき市在住のパーソナルカラーアナリスト、徳永淳子さんをゲスト講師に、1人ひとりの特性を活かしたカラーコーディネートのカリキュラムを行いました。徳永さんは普段、勤務先での人材教育や採用活動にカラーの資格を活かし、地域で活躍されていらっしゃる方。クルーもメンバーも、全員が刺激を受けたスペシャルなカリキュラムとなりました。

徳永さんの授業では、まずは色についての基本を学びます。色の持つ特性や、色にまつわるイメージ、そしてその色の持つ効能など、学ぶべき項目はさまざま。例えば、食品パッケージに多い色や飲料水に多い色など、色にはそれぞれイメージがありますますが、それを理解することが、色を自分のものにするための基本になります。

後半は、自分に何色が似合うかの研究です。肌の色や瞳の色、髪の毛の色などから、まずは「イエローベース」か「ブルーベース」かの2通りに分けた上で、さらに「スプリング」「サマー」「オータム」「ウインター」と四季と同じ4つのタイプに分類し、自分に合うパーソナルカラーを決めていきます。

DSC_2914まずは座学から。意外と知らない色の基本をしっかりと学んでいきます。

DSC_2903徳永さんのレクチャー。とてもにこやかに、そしてわかりやすくお話して下さいました。

DSC_2925徳永さんが持参した色のサンプルなどの道具。これだけ本格的なカラーコーディネートのレクチャーは一堂初めての体験でした。

DSC_2965カリキュラムの中にはスマイルの練習も。弊社代表・北山(右)も笑顔を鍛えられました。

DSC_2947話し方、身体の動かし方や授業の展開など、徳永さんの講義には学ぶべきところがたくさん。

DSC_2980最後にパーソナルカラーを決めます。これがわかると、これからの洋服選びが楽しくなりそう!

 

このタイプ分けには、クルーもメンバーも思わず納得。徳永さんがさまざまな色の布を胸元にあてて、自分に合う色を選んでくれるので、自分の目で確認することができます。例えば同じような「青」に見えても、自分のタイプによって似合う青が微妙に違うのです。確かに、実際に胸にあててみると、同じような色なのに「合う・合わない」がハッキリと出てきます。

今までは勝手に「この色は似合わない」「この色はこんな状況ではふさわしくない」と決めつけていたり、親のアドバイスをそのまま聞いていた、という人が多かったのですが、こうして専門的な観点で自分に似合う色を見つけることができ、大きな発見になりました。

もう1つ。徳永さんの話し方や立ち居振る舞いも、とても勉強になりました。人前で話すことが不得意なクルーやメンバーもいますが、話し方や振る舞いによって説得力が増し、人と人の距離が縮まることを実感。私たちソーシャルスクエアのクルーも人と接する仕事だけに、徳永さんのレクチャーから学び取れることが数多くありました。

やはりこうして、地域で活躍されている方をお呼びすると、普段とは違う気づきが得られます。ソーシャルスクエアの掲げる「社会と現在の自分を結ぶための広場」を作っていくために、私たちが外に出て行くことも重要ですが、外からさまざまな人を招いてお話頂いたり、交流していくカリキュラムを今後増やしていければと思います。

徳永さんには26日にもレクチャー頂きました。お忙しい中講師としてお越し頂きありがとうございました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SOCIALSQUARE
SOCIALSQUARE
NPO法人ソーシャルデザインワークスが運営する障害福祉サービス店舗。 社会と現在の自分を結ぶための広場を創造することをコンセプトに、一人でも多くの生きにくさを抱える方々の心に栄養を、その先にある活力ある人生に貢献している。