OLYMPUS DIGITAL CAMERA
地域連携カリキュラム

地域シゴト見学会・スーパーマルト

地域の中にはさまざまな「シゴト」があります。そのシゴトの現場を自分の目で見ながら、働くことについて視野を広げ、これからのビジョンを描くことに活かす。それが地域シゴト見学会です。今回は、いわき市民は知らない人はいない、スーパーチェーン「マルト」の店舗を見学させて頂きました。その模様をご紹介します。

この日訪れたのは、ソーシャルスクエアのある内郷地区のマルトSC高坂店。スーパーの両脇に、衣料品店の「ファミリー」、そして「くすりのマルト」を持つ大規模店です。今回は、株式会社マルトグループホールディングス管理本部・副本部長の石山伯夫さんにご案内頂き、バックヤードを中心に、従業員の皆さんの仕事ぶりを見学させて頂きました。

まずは、ドライ部門と呼ばれる日販品の倉庫から見学させて頂きました。大規模店だけあり倉庫も大きく、皆さん在庫の管理や品出しで忙しそうに動いてらっしゃいます。動きはテキパキとしていて、見学で訪れている私たちにもしっかりとあいさつしてくれ、とても爽やかな印象を受けました。総菜や精肉、鮮魚部門では、白衣に身を包んだ皆さん忙しそうに盛りつけをしていました。鮮度や品質管理は徹底しており、皆さん充実した表情で働いてらっしゃいます。

バックヤードの大倉庫で仕事について説明を受けるメンバー。

事務スペースでは端末の機能や使い方なども教えて頂きました。説明がとても丁寧で分かりやすく、とても勉強になりました。

調理場では扉越しに中をのぞかせて頂きました。緊張感のある雰囲気です。

バックヤードから外に出ると、荷物の搬入スペース。障がいを持った方も、自分の持ち場で責任ある仕事を任されています。

 

現在、こちらの店では、障がいを持つ方が6名ほど働いているとか。しかし、1時間近く見学させてもらったなかで、そうとわかる方は1人もおらず、皆さん完全に職場に馴染んで、自分の活躍できる場を見つけていらっしゃいます。石山さんも「障がい者を雇用しているという感覚はゼロ。仕事のできる人に仕事を任せ、たまたま障がいをお持ちだっただけ、という認識です」と語るほど、マルトは障がい者雇用が「当たり前」の企業文化になっていました。

違う店舗には、10年、あるいは20年と継続して働いている方も多いとのこと。障がいの有無に関わらず、責任ある仕事を社員に任せていける風土だからこそ、定着率も高く、勤続年数も長くなるのかもしれません。その秘密を、現場視察で垣間みることができました。

そのような職場だけに、メンバーもそれぞれ「ここで働く自分」を想像しながら見学できたことと思います。そのイメージこそ重要。そのイメージに近づけるために、今何を学ばなければならないかがよりハッキリしてくるのです。それを今後に活かし、働くを諦めない皆さんを応援していきたいと思います。

profile 株式会社マルト
いわき市勿来町に本社をおき、食品から衣類、調剤薬局まで幅広い事業を展開。
スーパーマーケットだけでも、茨城県も合わせ約50店舗あり、市民の生活において欠かせない存在となっている。
http://www.maruto-gp.co.jp/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SOCIALSQUARE
SOCIALSQUARE
NPO法人ソーシャルデザインワークスが運営する障害福祉サービス店舗。 社会と現在の自分を結ぶための広場を創造することをコンセプトに、一人でも多くの生きにくさを抱える方々の心に栄養を、その先にある活力ある人生に貢献している。