スクエアテストで就職対策

スクエアテストとは、実際に就職してから様々な状況に対応できるよう、電話応対やお茶出しの対応を実際に審査するテストです。

Share on

スクエアテストとは、実際に就職してから様々な状況に対応できるよう、実際に電話応対やお茶出しの対応をメンバーさんにやって頂く審査テストです。ソーシャルスクエア内郷では、そのスクエアテスト対策として、様々なカリキュラムを行っています。
基本的な内容は「電話対応」と「お茶だし」です。就労のブランクが心配な方や、事務などの就職を目指している方がスクエアテストで合格することによって自信をつけてもらうのが1つの狙いではありますが、何より基本の「キ」を学ぶ実践の場を提供すると言うのが、このスクエアテストの目的です。
スクエアテスト対策のカリキュラムを受講しているメンバーさんには、言葉遣いや全体の流れを説明した後に、実際にお茶出しと、電話応対の練習をロールプレイング形式で行いました。この時は、タイミングよく定着支援面談で2名の方が来所されたので、実際にそのお客様にお茶出しの実践をしてみました。
実際にやってみると、おぼんが震えてしまったり、正確な言葉がでなかったりと実際にやってみると緊張してしまいイメージ通りいかないことがわかりました。また、電話応対でも、予想しないやりとりになると、思わず言葉遣いでミスをしてしまったり、メモをとるのに苦戦してしまったりとメンバーさんそれぞれ課題が見つかりました。
DSC_0435
 
テスト対策とはいえ、場合によっては実際に訪れるお客様への対応が必要になりますので、非常に緊張感のあるカリキュラムになることもあります。そしてその緊張感を保ち続けることがとても大事です。「これはできる」と油断してしまうと、想定外のことが起きたときに自分を失ってしまいがちです。
テスト対策で実戦経験を積み、テストに合格することで自信に繋がり、就職した後の充実した仕事に繋がるのです。この対策カリキュラムを受講したメンバーさんは後日、スクエアテストにチャレンジし合格しました。ご本人に話を聞いてみると、やはり実際のテストはとても緊張するそうです。とても地味なカリキュラムですが、働くためには欠かすことのできないカリキュラムでもあります。この経験が、就職した後に必ず役に立つはずです!

Share on

ここは、あなたと社会がつながる広場。

LOADING